●『得々講座』講演会開催のお知らせ
  〜RPな人達・RPとともに〜

役員 神田 信

 今回は、網膜色素変性症を患いながら、パラリンピックなどで活躍し今なお現役の葭原滋男さんと、やはり同じ病気を患いながら普通に暮らし、人よりちょっと? 大変な経験をされた早川美奈子さんの二本立て講演会です。
 いろいろな立場の方や、たくさんの人に聞いていただきたい講演です。


日時:平成30年4月8日(日)
   (開場) 13時 (開演) 13時30分 (閉会) 16時50分予定
会場:横浜市健康福祉総合センター 4階 ホール
   横浜市中区桜木町1−1
   (右の地図ご参照ください)
健福センターアクセス
参加費:JRPS会員は無料
     非会員は500円(介助者無料)

【交通アクセス】
  JR根岸線桜木町駅南口
  または市営地下鉄桜木町駅
  徒歩3〜5分程度    

【誘導】
 当日は、駅から会場までの誘導を誘導ボランティアがご案内します。
 ※誘導時間:午後12時45分から14時15分まで
 ※集合場所:
  ・JR根岸線桜木町駅南口切符販売機付近
  ・市営地下鉄桜木町駅切符販売機付近
  ※講演会終了後も誘導ボランティアを配置します。閉会時にご案内します

◆講演内容
演目: 1部 「視力と元気は反比例 早川美奈子氏
2部 「パラリンピックと私 葭原滋男氏」

◆講師の紹介
【演目】 「視力と元気は反比例」
◆講師:早川美奈子&盲導犬・プルナスの紹介
 幼い頃から網膜色素変性症で弱視。高校卒業後、職業訓練を受け企業の電話交換手として勤務し、その頃から急激に視力低下。
 結婚・出産、子育て…。 そして盲導犬ユーザーとなり平凡ながら幸せな生活の中で夫が難病となり9か月間の闘病後に亡くなる。
 現在はヘルスキーパーとして働きつつ、講演やボランティア活動、趣味を満喫♪


【演目】 「パラリンピックと私」
◆講師:葭原 滋男(よしはら しげお)さんの紹介
 1992年のバルセロナ、1996年アトランタのパラリンピックに、陸上競技の走り高跳びに出場。アトランタで銅メダル獲得。
 2000年シドニーと2004年アテネは自転車競技で出場し、シドニーでは1kmタイムトライアルで世界新記録で金メダル。スプリントで銀メダル。アテネで同じくスプリントで銀メダル獲得。合計4個のメダルを獲得した。

 その後、ブラインドサッカーに転向し、2007年から2011年まで日本代表メンバーとして活躍した。
 現在は、講演やイベント活動、ブラインドサッカーを使っての体験学習を行うとともに、ブラインドスポーツクラブ"乃木坂ナイツ"の代表として、ブラインドサーフィンなどの新たなスポーツにチャレンジするなど、視覚障害者のスポーツ環境整備に励みつつ、2020年の東京パラリンピック出場を目指し、今なお現役アスリートとして活動している。55歳。


★懇親会を行います。3月下旬ホームページをご確認ください。

**この講演会は「NHK歳末たすけあい」の配分金により開催します。**

  ※(RP 網膜色素変性症の英略)

【お詫び】
この講演会で予定していました、リオパラリンピック競泳銀メダリスト木村敬一選手は、代表合宿と重なり講演をいただけなくなりました。楽しみにされていた方には大変申し訳ありません。