●網膜色素変性症 「患者のつどいin横浜市南区」
 〜9月20日(水)に開催、お気軽にご参加を〜

役員・溝田 隆之 

 横浜市南区福祉保健センターとの共催により、9月に「患者のつどい」を開催することとなりました。南区及び近隣地区の患者さん、ご家族の皆樣、お気軽にお越しください。
 このつどいは、医師など専門家は参加しませんが、同じ患者の立場から、療養生活で注意しなければならないこと、知って便利な福祉情報などをお話するとともに、同病の仲間として心配事、日常困っていることなど、何でも気軽にご相談をお受けいたします。なお、入場は無料です。

日時:平成29年9月20日(水)13時30分〜16時
 ※13時〜13時30分と16時〜16時30分は福祉機器の体験ができます。
場所:南区役所 1階 多目的ホール
対象者:網膜色素変性症患者、家族、福祉関係者、関心のある方
    (定員:35名
 ※南区福祉保健センター管轄外の方も参加可能です。
申込先:横浜市南区福祉保健センター高齢・障害支援課 難病事業担当
    電話 045−341−1140  FAX 045−341−1144
受付開始:8月21日(月)から (定員になり次第締め切ります)
  ※定員に達しました。ありがとうございました。
【内容】
1.この病気の原因と特徴    2.進んでいる治療法研究
3.合併症など注意すべきこと  4.福祉情報、障害年金など
5.患者会の活動紹介       6.高齢・障害支援課の事業紹介
7.質疑応答・交流会        8.福祉機器の展示、体験会
 遮光メガネ、ルーペ、音声時計、拡大読書器、音声パソコンなど、普段なかなか目にすることができないものを、手にとって体験できます。
共催:神奈川県網膜色素変性症協会(JRPS神奈川)
   横浜市南区福祉保健センター高齢・障害支援課

【会場案内】
◆横浜市南区役所(横浜市南区浦舟町2−33)
  市営地下鉄「阪東橋」駅から徒歩8分、または京浜急行「黄金町」駅から徒歩15分
 最寄りのバス停「浦舟町」または「南区総合庁舎前」
※駐車場あります。

**この患者のつどいは「NHK歳末たすけあい」の配分金により開催します。**