●平成20年度活動報告

 昨年度は総会と医療講演会、ミニ集会、4回開催した得々講座に加え、アイフェスタ、チャリティー「ペリカン寄席」、さらには医療講演会の講演録を初めて発行し、かってない充実した活動ができたと思います。尚、支部会報誌の発行事業、9月7日(日)開催の「アイフェスタin横浜2008」における相談会、パンフ作成などの事業、2月8日(日)の医療講演会を含めた得々講座などの事業は、「社会福祉法人神奈川県共同募金会」様へ申し込んだ「NHK歳末助け合い」の義援金の配分を受けて実施しました。

1.支部独自の活動
 1)第13回定期総会を6月29日(日)かながわ県民センターで開催しました。 参加者は50名。
 2)役員会の開催
  5月(2回)、8月(2回)、10月、11月、2月、3月の8回開催しました。
  その他、メーリングリストで日常的に意見交換をしました。
 3)医療講演会。
 ・6月29日(日) かながわ県民センターにて、かながわ難病相談・支援センターとの共催で、講師に東北大学融合領域研究所の冨田浩史准教授、座長に北里大学医学部眼科の高野雅彦准教授(現、国際医療福祉大学熱海病院 教授)をお招きして、「チャネルロドプシンを用いた視覚再生の現状と今後の課題」と題した講演会を開催しました。参加者は約90名。
 ・2月8日(日)かながわ県民センターにて、講師に東京慈恵会医科大学眼科学講座講師の林孝彰先生をお招きして、「網膜色素変性の白内障手術に対する考え」と題した講演会を開催しました。 参加者は約80名。
 4)イベントの開催。
 ・「アイフェスタin横浜2008」を9月7日(日)に開催。
 1階は総合福祉機器展示会(29社・1施設)、7階は医療相談会、日常生活相談会、子供相談会、就労相談会、パソコン相談会、聴力測定・相談コーナー、マイクロソフト社のセミナー、患者交流会等が設けられ、7階会場は約130人の来場者があり、全体で約600名の参加者がありました。
 ・第3回チャリティー「ペリカン寄席」を12月6日(土)に横浜ラポールにて開催しました。出演者に、さえずり亭ひばりさん、幸福亭明楽さん、三代目柳家小満ん師匠を迎え、また、横浜小満んの会と横浜戸塚西ロータリークラブの皆様、公文国際学園の生徒さん達のご協力を得て、300人収容の会場はほぼ満員となりました。10万円の研究基金が集まりました。
 5)得々講座を4回開催しました。
 ・8月10日(日) 「パソコン教室」 講師:佐々木支部長 参加者は14名
 ・11月9日(日) 「知って得する障害年金講座」 講師:新井愛一郎氏(NPO法人タートル・理事) 参加者は41名
 ・2月8日(日) 「白内障講演会」 林孝彰先生(東京慈恵会医科大学眼科学講座講師) 参加者は80名
 ・3月22日(日) 「パソコン教室」 講師:佐々木支部長 参加者は5名
 6)ミニ集会を開催。
  4月、5月、7月、10月、3月の5回、かながわ県民センターで開催しました。  毎回20人前後の集会ですが、新しい人の参加が毎回ありました。
 7)一泊新年会。
  平成21年1月10日(土)〜11日(日)伊豆熱川。
  熱川岡本ホテルに宿泊。天候に恵まれ、温泉でくつろぎ、宴会・カラオケ、いちご狩りやクリアキャンドル・ガラスアートの工芸体験・作成等で楽しみました。参加者は22名。
 8)記念式典に参加
 9月20日(土)に開催された横浜戸塚西ロータリークラブ創立30周年記念式典に支部長と役員1名が参加し、RPの基調講演とパネル・ディスカッションを行いました。また、30万円のご寄付をいただきました。(追加の募金11万円と合わせて41万円もの多大なるご寄付をいただきました。)
 9)「世界網膜の日」の準備
 9月27日(日)に開催される「世界網膜の日in神奈川」に向けて、ミーティングを4回行いました。また、「世界網膜の日in神奈川」のサイトを3月14日に公開しました。 URL:http://www.rp-k.com/WRD/

2.本部行事への参加
 1)第五回代議員会に代議員三名出席(5月、東京)。
 2)第五回関東地区リーダー研修会に参加(9月、千葉)。
 3)支部長・専門部会代表者会議に参加(平成21年3月、神奈川)。

3.外部に対する活動
 1)かながわ難病連関係。
  6月の総会、年2回の理事会、毎月の運営会議に出席。
 2)かながわ難病相談・支援センターの相談や電話相談に対応しました。
 3)保健所の講演・相談・交流会に参加しました。
 ・横須賀市保健所(5月)
 ・横浜市緑福祉保健センター(6月、21年3月の2回参加)。
 4)講師派遣
 小中学校の福祉教育、大学での講習や視覚障害者への対応を勉強しているグループなどへ講師を派遣しました。
 ・9月24日(水) 理容師グループに視覚障害者への接客の際の注意点と店内での誘導などを中心に講演を行いました。(横須賀)
 ・12月20日(土) 「かながわ難病相談・支援センター」で、相談員を対象にした勉強会に講師として参加しました。
 5)その他
 神奈川ロービジョンネットワーク(KLVN)の研修会や勉強会に参加しました。

4.サークル活動。
 1)陶芸クラブ。
 ・毎月土曜日に「ペリカン寄席」のあった12月をのぞく合計11回、新横浜の横浜ラポールで開催しました。
 2)つくしの会。
 ・4月に、小田原にある「鈴廣かまぼこ博物館」で、かまぼことちくわ作りの体験をしました。参加者は、会員15名、ヘルパーさん7名、ボランティアさん3名の総勢25名の参加者でした。
 ・10月に、かながわ県民センターにて、「ワイルドフラワー」作りを行いました。あいにくの悪天候にもかかわらず、会員20名、ガイドさん5名、先生方3名の総勢28名が参加してくださいました。
 3)カラオケ交流会。
 ・6月、9月、12月、3月の4回、ビッグエコー横浜関内店で開催しました。

5.広報活動
 1)支部会報誌「あぁるぴぃ」の発行。
 ・5月、8月、11月、2月の4回、毎回約500部を発行しました。平均ページ数は48ページと前年度に比べ、大幅に増えました。
 ・会員以外と県内全保健所、関係施設、眼科医にも発送しました。
 2)ホームページの広報。
  神奈川支部広報のホームページをそのつど更新しています。
   URL:http://www.rp-k.com
  平成18年6月に開設して以来、平成21年3月末には28000件のアクセスを突破しました。